ノートの力2

自分が見えてくる

「勝負における相性は偶然ではない」で相性が悪いのは間違いでそれは相手があなたの、あなたのチームの弱点、癖を良く知っているから、その結果多く負けているだけだと説明しました。

ではどうしたら、それを知ることができるのか。

「ノート」です。

野球であれば配球、配球ごとのピッチャーのプレート踏み方、どの球に空振りしたか、空振りする前の球は何か、その球を打ったときどこに飛んだか、などなどどんどん書き出します。

これを長期間続けているとあるとき「ポン」と答えが出てくる。

私は空手でこれをやっていました。あるとき 自分のポイントをとられる癖を発見しました。私はサウスポースタイルですが、ほとんど前(右)拳を使ってなかった、だから相手は私の懐に入りやすかった。

そこで試合中、逆に構え前(左)拳でポイントを狙いに行く。 わざと誘い込む事で、今まで以上に楽な試合運びができるようになりました。

(相変わらず 右拳は駄目でしたが、いいのです。他の手足を生かすための右拳として活用し、相性の悪さを完全に逆転できたのですから)ノートを付けていなければ 気がつかなかったでしょう。

ライバルも絶対教えてくれるわけないですから。教えてくれるのは あなたが引退してからです

スポーツ(運動)選手の整体について詳しくはこちら

スポーツ(運動)選手の整体

この記事に関する関連記事

岩国市 ひなた整体院 お問い合わせ